先輩から仕事を紹介してもらうコツとは

先輩から仕事を紹介してもらうコツとは



人脈は作ったら終わりではなく、実際に活用してこそ意味があります。
ここでは、行政書士の先輩から仕事を紹介してもらうコツについてまとめます。

実は、そのコツはたった一つのことに注意するだけです。
そのたった一つのこととは、

自分と専門が違う先輩と仲良くなることです

たとえば、自分の専門が運輸関係だったら、運輸関係は扱っていない先輩と仲良くなるべきです。
同じ運輸関係を専門にしている先輩にとってみれば、経験の浅い後輩に自分の専門の仕事を紹介するメリットは何もありません。
しかし、運輸関係を扱っていない先輩であれば、「自分ではやらないから」と仕事を紹介してくれる可能性は高くなります。
「うちでは扱ってません」と断ってしまうだけよりも、別の行政書士を紹介しておく方が、将来自分の専門の分野の仕事が発生した時にまたお客さんになる可能性があるからです。

相続系が専門なら、許認可を専門にやっている先輩と仲良くしておくと、先輩の顧客社長が将来相続手続きを必要としたときなどに、紹介をもらえることがあります。
逆に、あなたが許認可を専門にやっているとしたら、社長に相談された相続業務は先輩を紹介するなどして、お互いに紹介し合える関係を作れるように意識してみましょう。
何でも自分で抱え込んでしまうよりも、お互いに紹介しあった方が仕事の効率が上がります。

自分と同じ専門分野の人同士は、情報交換にはとても良い関係です。
それも大事ですが、紹介をもらったり紹介したりという点では、自分と専門が違う仲間も必要です。
意外と、その点を考えていない人が多いので、実行してみると成果が出やすいと思います。

開業したときには、このことをぜひ思い出してみて下さい。