仕事はどうやって覚えるの?

行政書士の仕事はどうやって覚えるの?


行政書士が扱う仕事はなんと1万種類くらいあると言われています。
その中でも多いのが、許認可系では建設業、宅建業、ビザ関係、運輸、風俗営業などです。
遺言作成の支援や相続手続きも扱う人が多い業務ですね。

では、このような仕事は、どうやって覚えていくものでしょうか。
いくつか方法があります。

補助者として修業する

補助者の求人はあまり多くありませんが、運よく補助者として採用されたら、その事務所で扱っている仕事についてたくさんのことを学ぶことが出来ます。
やりたい仕事の分野が決まっている場合は、その仕事の専門事務所で補助者として働くことは大きな力になります。

一方、多くの行政書士事務所では専門を絞っていることが多いので、その専門外の仕事を学びたいと思ったら、別の事務所に移るか自力で勉強するしかありません。

研修を利用する

行政書士になると、様々な研修に参加できます。
多くの人が扱う業務や、新しい業務(民泊など)は研修が豊富なので、初めての人から中級くらいまでの知識を得ることができます。
また、専門分野を同じくする行政書士のグループが専門的な研修を開いていることもあるので、切磋琢磨して知識を磨いていけます。

ホームページや手引きを利用する

最近は、役所のホームページで手引きや申請書式が公開されている手続きが多くなっているので、それらを読んで勉強する方法もあります。
ただ、手引きと通りに書類を作れば良いだけでなく、当然顧客に合わせて内容を変えていかなくてはならないので、法律や規則は別途法令集などで確認する必要があります。



このように、仕事を覚える方法はいくつもあります。
どれか一つだけでなく、組み合わせて勉強することでどんどん知識は増えていきます。
だから、「やったことがない」としり込みせずに、積極的に仕事を受けていくことをお勧めします。