行政書士の、公認のアシスタント「補助者」

補助者の仕事

「行政書士になっていずれ開業したい方に、多少有益な情報があります。それは「補助者」としての活動ですね。

行政書士事務所でけっこう年数が経っていてスケールがあるところに行くと、補助者の方が出てくることがあります。行政書士事務所の補助者は、名前の通りの仕事をします。
行政書士の代わりに役所役場や公的な機関に出かけたり、書類の下書きをしたりと、頼まれる仕事はいろいろです。

ところで、補助をするだけだったら、誰でもできるように思えないでしょうか? 確かにそうなのですが、行政書士の仕事はもともといろいろな制限がかかります。
公的な書類を取り扱うため、特に官公庁なんかだと「行政書士事務所から来た者ですが……」と申し出ても、それだけで書類を渡してくれるとは限りません。そんなときに「補助者証」をつけていると行政書士の正式な補助者なのだと認めてもらえます

私は補助者で働いたことはありませんが、後輩が今ちょうど補助者をやっていますね。彼女も行政書士になろうとがんばっているのですが、毎日の仕事を通して行政書士の現実の業務を観察できているわけです。

行政書士の補助者はたいした給与が出るわけではありませんし、求人の数もたくさんあるとはいえないでしょう。しかし、行政書士の業務を学ぶという意味ではこれがいちばんいい方法になるのではないでしょうか。 受験勉強とうまく両立できるなら、合格後の活動に向けて絶好の準備期間となることでしょう!