合格を左右する2番目の要素は、教材のクオリティーです。

働きながら勉強する方へ

行政書士の試験は、将来のために資格を取得したいと考える20代~30代の方で、全体の約8割が占められています。その多くの方々が社会人として、仕事と勉強を両立させながら試験に臨んでいます。しかしながら行政書士試験の例年の合格率はおおむね5%~9%で推移しています。決して簡単な試験ではないことが分かります。

試験の合否を左右する一番の要素は、もちろんその方の力の入れようでしょう。仕事との両立で辛いところを我慢して勉強を続けることができるかどうか、自分に打ち勝つことができるかどうかが最大のポイントだと思います。
しかしながら2番目に大事な要素として、「教材の善し悪し」ということもないがしろにはできない問題です。 そもそも基本テキストなどの教材というものには、教える立場の講師から見ても、教えやすいテキストとそうでないテキストが存在するのが現実のようです。
不運にも、行政書士試験のエキスパートでも教えにくいテキストに巡り合ってしまったとしたら、初学者のみなさんが効率良く学習することなど望むべくもないことなのです。

そういう観点からしますと独学だけはまずお薦めできません。1年間で組まれたカリキュラムの時間制限のなかで、市販のテキストを使って合格まで受講生を導ける講師はまずいないように思えるのです。市販のテキストは情報量は多くても、編集のされ方が散漫だからです。

忙しい仕事と並行して専門学校に通う、時間の余裕や体力のある方はスクールを利用するようにしましょう。その場合は、一人の講師がなるべく多くの法令科目を担当していること、また合格率をきちんと公表していることなどが学校選びの基準になります。生の授業の刺激を受けることで習得度の高い勉強ができます。

仕事の時間が不規則など、学校に通い通すことが不安なみなさんには、通信教育を活用して勉強することをお薦めします。通信講座を選ぶ場合の基準も、毎年の合格率をきちんと公表していること。それから行政書士の法令全科目に渡り、DVDやCDなどのメディア授業を提供している講座を選ぶことをお薦めします。

自宅学習専用に撮影・編集されているメディア教材には、専門学校の講師の解説と同様レベルの講義が詰め込まれています。ライブの授業のように授業が一時中断されるなどのムダもありません。そして何より繰り返し観たり・聴いたりすることができます。
法令科目の多い行政書士の学習には、暗記を促す意味でも最適なのがメディア教材です。私の経験からもそう感じています。

優れた教材のアシストを受けながら、みなさん自身に打ち勝ってください。
ご健闘をお祈りしています!

■人気の教育会社はこちら■

1位●フォーサイト
通信教育のリーディングカンパニーです。フォーサイトの講座には講義DVD/CDが付いています。内容は自宅学習を快適に進められるよう、すべて専用ハイビジョンスタジオで収録。まるで講師が目の前であなた専用の講義をしているかのような臨場感があります!圧倒的に質の高い教材です。

通信教育のパイオニア フォーサイトはこちら→

2位●資格の大原
大原は、一人ひとりにきめ細かい受験指導ができる「専任講師体制」で、多くの受講生を合格へと導いてくれる学校です。仕事や学校生活との両立に関する悩みなどなど、合格までの受験生活を完全サポートしてくれるので心強いです。

専任講師体制が安心の 資格の大原はこちら→

3位●生涯学習のユーキャン
テレビや新聞で有名なユーキャン。日本で実績があり知名度があるのは信頼の証です。通信講座が100以上あり、とても豊富です。ユーキャンの教材は、初心者にわかりやすく図解入りです。

生涯学習の ユーキャンはこちら→