行政書士は、行政官庁に提出義務のある書類作成のエキスパート

行政書士とは?

仕事とは関係のないところで私の名刺を出すと「行政書士」?「どんな仕事なんですか?」といわれることがよくあります。社会人経験が豊富な人でも、行政書士がどんな職業なのか知らない方はたくさんいます。まずはそんな皆さんの疑問にお答えします。

行政書士は顧客(法人企業や自営業者、また個人など)の依頼を受け、役所に提出する許認可等の申請書類を作成します。また依頼者に代わって、「権利義務」や「事実証明」に関する書類の作成・代理を行うことも行政書士の役割です。

それでは、行政書士が携わる申請書類にはどのようなものがあるのでしょうか?主だったものをざっと数え挙げてみましょう。

企業や自営業者が対象ですと、主要なものには建設業許可、一般貨物自動車の運送事業経営許可など運輸交通関連、宅建業許可、飲食営業許可 風俗営業許可関係、産業廃棄物許可、法人の設立、著作権申請などの仕事があります。また一般個人が対象の書類手続きにも、日本への滞在許可や帰化申請などの国際業務、遺言、離婚協議書、遺産分割協議書、内容証明書をはじめまだまだいろんな書類手続きがあります。珍しいものとしては、交通事故の損害賠償などを専門にしている行政書士もいます。

何か一例を挙げて行政書士の仕事をもう少し詳しく見てみましょう。
たとえばある人が焼き肉店をオープンさせるとします。その場合、飲食店の営業許可を申請するにあたり、衛生責任者設置の義務は守られているか、店舗は構造上の要件を満たしているかなどの確認が必要になります。また飲食店経営の場合は、保健所による検査の立ち会いなども必要です。
これらの要件を満たしているかどうかについて調べ、問題がある場合は適宜補正のアドバイスも行い、提出書類を作成・提出代行するのが行政書士です。

つまり行政書士とは、多様な対象業務において、依頼をされるお客様にとっては不慣れな書類の申請手続きをアシストする専門家のことです。
また行政書士は、お客様と行政官庁の橋渡し役として書類作成をするだけではなく、お客様の悩みや疑問を解決するコンサルタントという役も担っています。特に相続や帰化の問題、交通事故の損害賠償など個人のお客様が相手の業務では、コンサルティングの比重もグンと高まってきます。そのよう市民に身近な法律職であることから、行政書士は「街の法律家」と呼ばれていたりもします。